毎週最新のAmazonコンテンツを入手する

オムニチャネル e コマースは、境界のない仮想市場と考えてください。 すべてのクリック、スワイプ、インタラクションは、シームレスなショッピング エクスペリエンスを提供するために調整されたシンフォニーの一部です。 

言い換えれば、 デジタル知識と顧客中心のイノベーションが融合します。そして、これは単なる小売業の未来ではありません。それは、販売者が複数のプラットフォームにわたって顧客とつながる方法を再構築する、脈動する現在です。

による オムニセンドが引用したデータ、 0.14 つのチャネルのみを使用したキャンペーンの注文率は XNUMX% でした (注文の合計を送信されたメッセージの合計で割って計算)。 

対照的に、0.83 つ以上のチャネルを組み込んだキャンペーンでは、注文率が 494% と大幅に高く、XNUMX% という驚異的な増加を記録しました。

イングルチャネル vs. オムニチャネル (出典 - オムニセンド)
イングルチャネル vs. オムニチャネル (出典 – オムニセンド)

これらの数字は単にその方法を示しているだけです オムニチャネル e コマース 正しく活用すれば、ビジネスの成長を促進できます。

この複雑なネットワークのコンポーネントについて説明し、それがどのようにゲームを変えるだけでなく、顧客エンゲージメントとビジネスの成長のための新しいルールを設定するのかを明らかにしましょう。

 

オムニチャネル e コマースとは何ですか?

 

オムニチャネル e コマースは、包括的な小売アプローチです。 複数のショッピングチャネルを統合します 提供する シームレスで一貫したカスタマージャーニー。例: 実店舗、オンライン Web サイト、ソーシャル メディア、モバイル アプリ。

An オムニチャネル e コマース戦略 単にさまざまなプラットフォーム間で動作するだけではありません。これには、これらのチャネルの緊密な統合が含まれており、顧客に次のようなサービスを提供します。 一貫した統一されたブランドエクスペリエンス ビジネスとの関わり方や場所に関係なく。

グランド ビュー リサーチのデータ によると、オムニチャネル小売ソリューションの世界市場は 5.96 年に 2021 億 13.6 万ドルに達し、2022 年から 2030 年にかけて年平均成長率 XNUMX% で成長すると予測されています。

米国のオムニチャネル小売ソリューション市場 (出典 - Grand View Research)
米国のオムニチャネル小売ソリューション市場 (出典 – Grand View Research)

市場の成長を促進する要因には次のようなものがあります。

  • 一元的なデータ管理のニーズの高まり
  • 従来のビジネスを e コマース プラットフォームに変革する傾向が高まる
  • オムニチャネル分析によってもたらされる利点

 

オムニチャネル vs マルチチャネル e コマース

 

定義により、 マルチチャネル電子商取引 複数のチャネルの使用を指します 製品やサービスを販売するためのチャネルですが、多くの場合、これらのチャネルは独立して運営されています。これには、実店舗、オンライン Web サイト、ソーシャル メディア プラットフォーム、モバイル アプリの組み合わせが含まれる場合があります。

比較において、 オムニチャネル e コマースは、より統合されたアプローチを採用しています。これには複数のチャネルにわたる販売が含まれ、これらのプラットフォーム全体でシームレスで一貫したエクスペリエンスを作成することにも重点を置いています。

 

オムニチャネル e コマースのメリット

 

このアプローチは、 を統合します オムニチャネル e コマース さまざまな販売チャネルを持つプラットフォーム、よりダイナミックで応答性の高い小売環境につながります。主な利点は次のとおりです。

 

強化されたカスタマーエクスペリエンス

 

オムニチャネル e コマースは、 統一されたカスタマーエクスペリエンス。顧客がデスクトップからオンライン ショッピングをする場合でも、モバイル アプリで閲覧する場合でも、実店舗を訪問する場合でも、一貫したシームレスなエクスペリエンスが維持されます。 

この一貫性 信頼を築く そして顧客満足度を向上させます。

 

売上と顧客ロイヤルティの向上

 

オムニチャネル戦略を導入すると、 売上の大幅な増加。観察されたように、マルチチャネル戦略を使用したキャンペーンは、単一チャネルのキャンペーンよりも大幅に優れたパフォーマンスを発揮します。 

この取り組みにより、 フライホイールの循環的成功、顧客維持率の向上と売上の増加につながります。

 

パーソナライゼーションのためのデータドリブンな洞察

 

オムニチャネル戦略により、 顧客データの統合 複数のタッチポイントから。このデータは顧客の好みや行動を理解するために重要であり、企業がよりパーソナライズされたショッピング体験を実現するために商品やマーケティング活動を調整できるようになります。 

 

顧客の購入頻度の向上

 

Digizuite が引用したデータ 少なくとも 287 つのチャネルを採用したキャンペーンでは、XNUMX つのチャネルのみに限定されたキャンペーンよりも XNUMX% 高い購入率を達成できると述べています。 

さらに、オムニチャネル プラットフォームでの顧客の購入頻度は、シングルチャネル システムと比較して 250% 増加しています。

単一チャネル マーケティングと複数チャネル マーケティング (出典 - Digizuite)
単一チャネル マーケティングと複数チャネル マーケティング (出典 – Digizuite)

これらの数字は、単一チャネル設定と比較して、オムニチャネル システムでの顧客の購入頻度が大幅に高いことを証明しているだけです。 

この増加は、オムニチャネル戦略が提供する利便性とパーソナライズされたエクスペリエンスにより、顧客がより頻繁に関与するようになったことが原因と考えられます。

 

競争上の優位性

 

今日のデジタル チャネルでは、オムニチャネル e コマース戦略は単なる贅沢品ではなく、必需品です。このアプローチは、よくある落とし穴を回避しようとする企業にとって有益であり、 避けるべき e コマースでよくある間違いトップ 10

これにより、ベンチャー企業が市場トレンドの最前線に位置し、スムーズで統合されたショッピング体験に対する顧客の期待を満たし、それを超えることが保証されます。

 

オムニチャネルコマースの例は何ですか?

 

Amazon の実装 オムニチャネル マーケティング戦略 は、さまざまなショッピング チャネルと顧客タッチポイントをシームレスに統合して、一貫性のある効率的なショッピング エクスペリエンスを作成する代表的な例です。 Amazon がこれを実現する方法は次のとおりです。

 

オンラインと物理的なプレゼンスの統合

 

Amazon はオンライン プラットフォームを超えて、 実店舗も含めて、Amazon Go、Amazon Books、Whole Foods Marketなど。 

これらのストアは Amazon のストアと統合されています。 オムニチャネル e コマース プラットフォーム、オンライン ショッピングとオフライン ショッピングの間のシームレスな移行が可能になります。

アマゾンの実店舗小売業への進出は良い動きであることが証明されている。 2022 年、Amazon の実店舗小売事業から得られる収益はほぼ 2022年の174億4000万ドル.

米国アマゾンの実店舗売上高(Statista)
米国アマゾンの実店舗売上高(Statista)

モバイル統合

 

Amazonのモバイルアプリも接近中 オンラインプラットフォームと統合、実店舗でのバーコード スキャン、Alexa による音声ショッピング、アカウントや注文情報への簡単なアクセスなどの機能を提供し、モバイル ショッピング エクスペリエンスを向上させます。

 

Alexaによる音声ショッピング

 

Amazon は、音声アシスタントの Alexa を活用して、独自のオムニチャネル e コマース チャネルを構築しました。お客様は次のことができます 音声コマンドを使用する 製品の検索、注文、配送の追跡を統合し、 音声電子商取引 顧客満足へ。

 

アマゾンロッカー

 

オンライン購入と物理的な配送の間のギャップを埋めるために、Amazon は さまざまな場所にあるロッカー 顧客が自分の都合に合わせて注文を受け取ることができる場所。このサービスは、オンライン ショッピングと物理的な受け取りポイントを統合した、柔軟な配送オプションを提供します。

 

Amazonマーケットプレイス

 

サードパーティの販売業者を Amazon のプラットフォームに統合することは、オムニチャネル戦略のもう XNUMX つの側面です。マーケットプレイスにより、顧客は次のことを行うことができます。 幅広いベンダーから買い物をする Amazon エコシステム内で、多様で包括的なショッピング体験を提供します。

 

Amazon Webサービス(AWS)

 

AWS は主にクラウド コンピューティング サービスですが、 膨大なデータインフラをサポート これはオムニチャネルの運用に必要であり、Amazon のすべてのサービスがスムーズに実行され、適切に統合されていることを保証します。

 

オムニチャネル e コマース戦略の開発

 

成功を生み出す オムニチャネルeコマース この戦略には、すべての販売チャネルのシームレスな統合と優れた顧客エクスペリエンスを確保するために、いくつかの重要な手順と考慮事項が含まれます。

 

効果的なオムニチャネル戦略を開発するためのガイドは次のとおりです。

 

顧客のジャーニーを理解する

 

すべてのチャネルにわたるカスタマー ジャーニーを計画する。まず、顧客とブランドとのやり取りの可能性のあるポイントをすべてリストアップします。これには次のようなものがあります。

  • オンラインプラットフォーム(ウェブサイト、モバイルアプリ)
  • ソーシャルメディア
  • メールアドレス
  • 物的ストア
  • 顧客サービスなど。

 

また、データ分析を使用して顧客の行動や好みについての洞察を得ることが重要です。さまざまな顧客セグメントがチャネルとどのように関わっているかのパターンを探します。オンラインでのエンゲージメントを高める特定の製品はありますか?顧客の中には店内での体験を好む人もいますか?

関連コンテンツ: Amazon セールスファネルの作成

 

適切なオムニチャネル e コマース プラットフォームを選択する

 

選択する オムニチャネル統合をサポートするプラットフォーム 在庫、販売、顧客とのやり取りを統一的に表示できます。

多くのオプションの中から選択する場合は、シームレスなデータ フローを実現するために、プラットフォームが CRM、ERP、POS などの既存のシステムと統合できることを確認してください。

 

テクノロジーを活用してパーソナライゼーションを実現

 

テクノロジーを活用して提供する パーソナライズされた体験 顧客データに基づいて。これらの経験には次のものが含まれます。

次のような高度なテクノロジーも検討できます。 AIと機械学習 より深いパーソナライゼーションを実現します。

 

顧客データの統合に重点を置く

 

以下のシステムを実装します。 すべてのチャネルからデータを収集して分析するなど、 Amazon インサイト プログラムマーケットプレイスで販売している場合。

この統合されたデータは、顧客のニーズを理解し、ショッピング体験を向上させるための鍵となります。 

ただし、データ統合に重点を置く場合は、顧客のプライバシーを尊重し、データ保護規制に準拠することが重要です。そうしないと、ビジネスとしての評判が損なわれる可能性があります。

 

在庫とサプライチェーン管理を合理化

 

~するための統合的なアプローチを採用する 在庫を管理する すべてのチャネルにわたって。これには、過剰在庫や在庫切れを避けるために重要なリアルタイムの在庫更新が含まれる場合があります。さらに、効率的なサプライチェーン管理により、製品の可用性とタイムリーな配送が保証されます。

関連コンテンツ: 在庫パフォーマンス指数

 

測定と適応

 

オムニチャネル戦略のパフォーマンスを継続的に監視します。 主要なパフォーマンス指標 以下のように:

  • 顧客満足
  • 売上換算率と
  • チャネルの有効性

フィードバックと変化する市場トレンドに基づいて戦略を適応させ、進化させる準備をしてください。

関連コンテンツ: アマゾンレポート

 

オムニチャネル e コマースで未来を受け入れる

 

ダイナミックな風景の中を旅しながら、 オムニチャネル e コマース、 このアプローチが単なる一時的な傾向ではなく、 小売業界の根本的な変化

オムニチャネルのアプローチを採用する企業は、物理的なショッピングとデジタル ショッピングの間の境界線があいまいになるだけでなく、調和して絡み合う未来への先頭に立つのに有利な立場にあるでしょう。

 

著者

カルラ・バウト・デーニャカルラ・バウト・デーニャ は、従来のメディアとデジタル メディア向けに記事を制作するジャーナリスト兼コンテンツ ライターです。 彼女は、e コマース、デジタル マーケティング、データ分析などの革新的なソリューションを利用して中小企業に力を与えると信じています。

投稿を共有する:

Amazon での立ち上げ、成長、利益を目指していますか?

今日私たちのチームのメンバーと話して、私たちがどのようにあなたを助けることができるかを見てください!

その他の投稿

上位 1% の販売者になるために必要なことを学ぶ